新会社法ドットコムTOP > ケーススタディ

相続発生後の遺言の取扱い方

遺言を残すかどうか判断するにおいて、遺言がどのような取扱を受けるのか
知らなければ判断材料に困ってしまいます。
ここでは、遺言がある場合どのような手続が経由されて相続手続が終了するのかご紹介いたします。

遺言の内容面での注意点

1.遺言内容に問題が生じる場合

形式面の要件をクリアすれば、次に「何を遺言に書くか」が問題となります。
まず、遺言に書いて、法的に意味と持つものは民法等で規定されています。
(参考)遺言でできることを知りたい方
また、形式的に問題がなくても、内容に問題があると遺言内容が無効となったり、
狙いどおりの効力を発生させることができないこともあります。
内容面で問題となる例は次のとおりです。

遺言の残し方

遺言は、死後に遺言者の意思表示を実現させるという重大なものです。
そのため、遺言に関するルールは、形式面および内容面ともに民法等に規定されています。
もし、この規定から外れてしまうと、せっかく遺言を残したものの無効の遺言ともなりかねません。
遺言を残そうとお考えの方は、まず遺言に関するルールを把握し、確実な遺言を残せるようにしてください。

遺言でできること

1.遺言の内容は法律の定められている

遺言を残すことでしか実現できないことがあります。
また、生前にできたことであっても、死後にも実現することができることもあります。
遺言で実現できることは民法を中心とした法律で定められています。
(下記参照)それ以外のことを書いても、遺言に法的な力はありません。
ちなみに、法律に定められていない事を書いても、その遺言の他の部分まで無効になるわけではありません。
そのため、付言事項として遺言に書きたいこと書くこともあります。
(例えば、『子供達は母親の面倒をよく看なさい』など)

遺言が無い場合に起こりうる不利益

遺言は円満相続のための有効なツールです。しかし、ただ書くだけでは活かしきれません。
ここでは、相続による紛争を回避するための具体的な遺言のテクニックをお伝えします。

上手な遺言の利用方法

遺言は円満相続のための有効なツールです。しかし、ただ書くだけでは活かしきれません。
ここでは、相続による紛争を回避するための具体的な遺言のテクニックをお伝えします。

遺言を残さなければならないとき

遺言を残すか残さないかはご本人の自由です。
しかし、その方の状況によっては、遺言を残さなければ
「残された方が大変な思いをしなければならなくなる場合」や「手続が難航してしまう場合」があります。
ここでは、間違いなく遺言を残すべきだと考えられるケースをまとめてみました。

生前の話合いのポイント

死後の紛争を防止することは先立つ者のつとめだと考えます。
そして、被相続人の死後の相続による紛争を防ぐ一番の方法は『話し合っておくこと』です。
遺言を書くよりも手軽でお金もかかりません。
また、被相続人の気持ちをもっとも正確に伝えることができ、相続人の考えを把握できる方法でもあります。
是非、自分の死後について話し合う機会をもうけることをおすすめします。

相続前に準備しておくことを知りたいとき

相続の準備

あたりまえですが、死者に相続人が問合せをしても答えてはもらえません。
 また、被相続人だったら問題解決もスムーズにできたかもしれないことが、相続が発生してしまうとこじれてしまうケースもあります。
そこで、ここではお亡くなりになる前に準備をしておいたほうが良いことをあげてみました。