上手な遺言の利用方法

遺言は円満相続のための有効なツールです。しかし、ただ書くだけでは活かしきれません。
ここでは、相続による紛争を回避するための具体的な遺言のテクニックをお伝えします。

遺言を残さなければならないとき

遺言を残すか残さないかはご本人の自由です。
しかし、その方の状況によっては、遺言を残さなければ
「残された方が大変な思いをしなければならなくなる場合」や「手続が難航してしまう場合」があります。
ここでは、間違いなく遺言を残すべきだと考えられるケースをまとめてみました。

生前の話合いのポイント

死後の紛争を防止することは先立つ者のつとめだと考えます。
そして、被相続人の死後の相続による紛争を防ぐ一番の方法は『話し合っておくこと』です。
遺言を書くよりも手軽でお金もかかりません。
また、被相続人の気持ちをもっとも正確に伝えることができ、相続人の考えを把握できる方法でもあります。
是非、自分の死後について話し合う機会をもうけることをおすすめします。

相続前に準備しておくことを知りたいとき

相続の準備

あたりまえですが、死者に相続人が問合せをしても答えてはもらえません。
 また、被相続人だったら問題解決もスムーズにできたかもしれないことが、相続が発生してしまうとこじれてしまうケースもあります。
そこで、ここではお亡くなりになる前に準備をしておいたほうが良いことをあげてみました。